アフリカへのビジネス進出・BOPビジネス - BE FORWARD リレーションシップサービス


サービスご利用の3つのメリット

1.高い経済成長率が期待できる、アフリカへの販路開拓
2.BE FORWARD顧客へのアプローチが可能
3.新たな販路開拓で御社の売上アップ


取り組み事例

CASE1
パルスター株式会社 様

パルスター社のアフリカ進出のきっかけとなった、オリジナルエンジンオイル輸出



 アフリカという未知の市場を開拓できるきっかけとなったのは、ビィ・フォアードからのエンジンオイルのOEM提供が可能かとの問い合わせでした。その翌日に担当者と打ち合わせをしたところ、アフリカの市場の成長性・マーケットなど興味深い話を聞くことができました。この時点でアフリカ進出に対する不安を感じることなく、アフリカ進出が面白そうというワクワク感が湧いてきました。
 社内でもすぐにアフリカ向け企画の話がまとまり、「PLATINUM」というオリジナルブランドのオイルを提供することになりました。
 現地で信頼されている”BE FORWARD”ブランドなので、出荷も順調です。
 ビィ・フォアードからのアフリカ現地のリアルタイムな情報提供はとても助かっています。これらの情報を元に、他の商材でもお互いで補完し合いながら協業していければと思っています。
■取材協力 パルスター株式会社
代表取締役社長 片山研司 様
第二営業部 次長 重村正文 様 / 第二営業部 課長代理 井上貴詞 様
パルスター株式会社
カー用品の総合商社。エンジンオイルを中心に各種カー用品を全国のカー用品店、ホームセンターなどの小売店、自動車整備工場、ガソリンスタンドに卸売販売をしている。
業種・サービス内容 カー用品の総合卸売
従業員数 112人

CASE2
株式会社ビッグウェーブ 様

日本市場ではニーズが少なくなったパーツの新たな販路開拓で出荷数増加



 当社の加盟店を経由して、ビィ・フォアードがオートパーツのアフリカ展開を検討しているということを知り、面会しました。
 面会後からの展開はとても早い展開でサービスリリースまでこぎつけることができました。半年という短期間の中で商品提供の体制、それを販売する越境ECサイトの構築を行うというスピードに驚きました。
 当社としては、ビィ・フォアードの越境ECサイトを通じてこれまで日本国内市場ではニーズが少なくなってしまったパーツを出荷し販売数増、コンテナ単位ではなくパーツ単位で販売できるという効率化のメリットが得られました。
 Used in JAPAN 、JAPAN QUALITYに対してのアフリカ現地での信頼はとても強く感じています。
 これからもビィ・フォアードとは、他国、国内と共同での展開を進めていければと思っています。
■取材協力 株式会社ビッグウェーブ
代表取締役 服部厚司 様
株式会社ビッグウェーブ
自動車補修用リサイクルパーツの商品化・販売に携わる組織のパイオニアであり、現在は在庫総数160万点以上、加盟店総数260社(300拠点)を超える巨大流通ネットワーク。
自動車補修用リサイクルパーツの商品化にかかわる各種研究開発やエンジンスターター&テスターのビッグマウスを始めとする各種テスター機の開発も行っている。
業種・サービス内容 自動車補修用リサイクルパーツの生産・販売、
自動車機能部品の検査・リビルト、
自動車部品の研究開発、
自動車部品情報ネットワークシステムの開発・運営・保守、
加盟店への教育・研修
従業員数 9人

CASE3
レック株式会社 様

“MADE IN JAPAN”の威力を肌で感じた現地マーケティング



 ビィ・フォアードのアフリカ向け販促品制作の打ち合わせをしているうちに現地マーケティングの話になり、タンザニアでの国際商業祭「サバサバ」への共同出展の話に発展しました。とても興味深いイベントだったので、現地でのビジネスの可能性を検証するため弊社商品を出展しました。アフリカでの展開は土地勘もなく全くもって不安でしたが、”日本の商品”が好意的に受け入れられる土壌であるということが、出展した結果得られました。この結果は、弊社のアフリカ展開においてとても貴重なデータであり、これは弊社単独では決して得られないものでした。
 ビィ・フォアードは社員の一人ひとりの力強さがあると思います。これからもその力強いビィ・フォアードのスタッフと共に現地での事業展開を行っていけたらと思っています。
■取材協力 LEC U.S.A. Corporation
President 原戸豊太 様
レック株式会社
人気商品「激落ちくん」をはじめ、フック、キッチン&テーブルウェア、バス・トイレタリー、ランドリーなど家庭日用品の製造、販売ならびに輸出入を行っている。
業種・サービス内容 家庭用品、ギフト用品、企業向け販促品の製造販売ならびに輸出入
従業員数 450人

当社のアフリカでの実績

1

累計41万台の自動車輸出

主力の中古車輸出事業の輸出販売台数は、増加をたどり、直近のデータでは年間14万6,000台(2015年6月実績)の中古車をアフリカをはじめとした、海外に輸出しています。
2

BOP層・アフリカにおける70万人超の既存顧客

当社では、BOP(※)ビジネスに活用いただける、アフリカ市場において70万人超の顧客リストを保有しています。ほぼすべての方が、日本の中古車を購入することを検討している層です。彼らはアフリカの中間層にあたり、購買力があり、且つ、消費意欲が旺盛な方々です。
3

月間6,000万PV超の越境ECサイト

当社の運営する越境ECサイト(www.beforward.jp)は、2015年3月には月間6000万PVを超え、そのアクセス数は日々増加しております。ザンビアにおいては、wikipediaを上回り、アクセスランキング8位に入るなど、アフリカ圏における影響力の高いサイトとなっており、メディアとして圧倒的なポジションを確立しています。
4

現地でのメディア露出・高い認知度

当社はアフリカ現地において、インターネット以外にも様々な取組み行っています。現地オフィスの開設・運営、各種キャンペーンやCSR活動の実施、マラウイのプロサッカーチーム「BE FORWARD WANDERERS」の運営等を行い、現地における認知度アップに努めています。
5

現地オフィス・スタッフによるサポート

現地のオフィスがあることにより、現地の顧客に対してより安心したサービスを提供することができています。
6

アフリカ現地に確立した物流ネットワーク

タンザニアに2015年に構築した「BE FORWARD MALL」。この物流センターでは自動車パーツをメインにして現地の販売体制の拡充を図っています。これを基点に現地ネットワークをさらに広げる体制を築いています。
※BOPとは
BOP(Base of the Economic Pyramid)層というキーワードには色々な定義がありますが弊社で定義しているBOPとは次の通りです。
アフリカをはじめとする開発途上国を中心に世界人口の約7割を占める、年間年間所得が購買力平価(PPP)ベースで、3,000ドル以下の低所得層の方々と考えています。
弊社が考えるBOPビジネスはそれらBOP層の方々の生活水準の向上、その国の発展に貢献することを第一に考えて、提供側の我々も共に発展していければと思っています。

サービスご利用の流れ

サービスご利用の流れフロー図
※一例です。コラボレーション契約以降は商品供給、現地調査、現地プロモーションなど案件によりフローが異なります。

よくあるご質問

Q
具体的にはどのような支援をいただけるのでしょうか?
A
新興国向けビジネスの多くは、その手法や業態が確立されておらず、前例のないケースがほとんどです。そのため、弊社が支援をするというよりは、お互いに今後の可能性や方法などを話し合いながら、ともにビジネスに挑戦して行く“共同作業”の様なイメージになります。
Q
費用はいくらぐらいかかりますでしょうか?
A
企画案件により様々ではございますが、お申込金やコンサルタント料の様なものは発生いたしません。
Q
まだ、具体的な商品やサービスが無いので、まずはその相談からしたいのですが。
A
基本的には、既に御社がお持ちの商品やサービスをベースにお話しさせていただきますので、そのような場合はお話をお受けできないこともございます。
Q
どの様なケースが上手くいきますでしょうか?
A
すでに国内外で支持されている商品やサービスがあり、販路拡大を模索している様なケースの場合は、比較的スムーズに話が進みます。しかしながら、ケースバイケースになることが現実には多いです。
Q
案件が進まなかった場合、また別案件を提案できますでしょうか?
A
案件がすすまなかった理由を出来る限り詳しくお伝えし、次のにいかすためのレポートをいたします。また、案件が進行中でも、更なる別の案件をご提案いただいても問題ございません。
Q
資料を頂きたいのですが。
A
本サービス専用の資料の用意はございませんが、弊社会社案内程度の資料のご用意はございます。
Q
外国語が話せないのですが・・・
A
全く問題ございません。
Q
貿易(輸出、輸入)の実績がないのですが・・・
A
全く問題ございません。
Q
寄付(寄贈、募金)や出資をお願いしたいのですが。
A
基本的に本サービスではそのような事案はお取扱いが出来ません。

会社案内

名 称 株式会社ビィ・フォアード
設 立 2004年(平成16年)3月10日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 山川 博功
所在地 〒182-0024 東京都調布市布田4-6-1 調布丸善ビル8階
電話番号 042-440-3445(国内代表)
FAX 042-440-3450
従業員数 国内 167名(2015年8月現在)
事業内容 ECサイトの運営
中古自動車の販売及び輸出入
自動車用部品の販売及び輸出入
その他
売上高 492億円(2014年度)
中古車輸出台数 14万6,000台(2014年度)
URL http://www.beforward.jp/
古物商許可番号 東京都公安委員会 第308940406129号



*の項目は必須項目です。
お問い合わせ内容 *
サービスの詳細を営業担当から聞きたい
取材等について
その他
会社名 *
部署名
ご担当者様名 *
郵便番号 *
 
都道府県 *
住 所 *
電話番号 *
メールアドレス *

携帯メールアドレスの場合、弊社ドメイン(@beforward.jp)からのメールを受信できるよう、お使いの携帯電話のメール受信拒否設定を事前にご変更ください。なお、設定方法については、携帯電話会社などへお問い合わせください。
URL
お問い合わせ内容
アンケート *
当サイトを知ったきっかけ

インターネット検索
知人のご紹介
その他





当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、CPIのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。
TOP